So-net無料ブログ作成

映画『プラチナデータ』、少し期待はずれでした・・・(*´ρ`*) [映画・ドラマ]

昨日、映画[映画]『プラチナデータ』(一昨日3月16日公開)を映画館で観てきました[わーい(嬉しい顔)]

昨年の確か今頃(もう少し前かな?)、書店で、東野圭吾さんの単行本『プラチナデータ』の
帯に、「映画化決定」(←二宮和也さんと豊川悦司さんのダブル主演で)と書かれています
のを見ましたときから、公開をとても楽しみにしていたのですが(←東野圭吾さん原作の
2008年の映画[映画]『容疑者Xの献身』は、とても面白かったですし)・・・、感想を一言で
申し上げますと、・・・少し期待はずれでした[失恋]


映像技術とか撮影技法とか専門的なことは全くわかりませんが、ストーリーには、特に
斬新さは感じられませんでした(*´ρ`*)


映画のラストで語られる文言につきましても、もし自宅で録画して観ましたなら、控えて
おくかもしれませんが、今や、「遺伝と環境によります宿命」を背負っております私にとり
ましては、それほど印象に残るものではありませんでした。



ストーリー、これからご覧になられる方もいらっしゃると思いますので、詳しいことは
書きませんが、私が、1月の末から2月の初めにかけまして観ました2年前の連続ドラマ
『外交官 黒田康作』(2月1日のブログ2月9日のブログ)と比べましても、結構容易に、
真犯人の予想がつきました[ひらめき]

・・・だって、ドラマや映画は、登場人物の誰かに答えがあるのですから、今回は、怪しい
人はもはやその人しかいませんでしたもんヽ( ´ー`)ノ




でも、二宮和也さんは素敵でした(*^-^*)


公式サイトで、天才科学者・神楽龍平としての二宮君を初めて拝見しましたときは、
「うわっ、カッコいい[ぴかぴか(新しい)]」とそのクールな表情に驚きましたが、映画を観ますと、
「リュウとしての、ソフトな二宮君のほうが、より一層私は好きやなぁ~」と思い
ましたo(^-^)o


柔らかく優しい雰囲気のリュウ君を演じられる二宮君に、より魅かれました[黒ハート]

先程、映画のラストで語られる文言は、私にとりましてはそれほど印象的なもの
ではなかったと書きましたが、ラストの二宮君の表情は、素晴らしかったです[ぴかぴか(新しい)]


もちろん、クールで理論派の神楽龍平さんを演じられる二宮君もかっこよかったですよ[グッド(上向き矢印)]



いずれの役にしましても、嵐のメンバーとしてバラエティ番組の収録もなされながら、
映画の撮影もこなしていかれる二宮君って、すごいなぁ~と、映画を鑑賞しながら、
あらためて思いました(^^;


これからも、俳優としての二宮君を観続けていかせていただきたいと思います[るんるん]
嵐のメンバーとして、歌って踊られる二宮君も好きなのですけどね[ハートたち(複数ハート)]



昨日、映画を観まして、二宮君のラジオも気になりまして、初めて、bayfm78
「BAY STORM」を録音しました(*´∇`*)

まだ聴いていませんが、これから、土曜日の「堂本 剛とFashion & Music Book」
に加えまして、毎週聴くことになるかも・・・(*^-^)


nice!(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます