So-net無料ブログ作成
映画・ドラマ ブログトップ
前の5件 | -

『TRICK』シリーズ、終わっちゃった・・・(;_;) [映画・ドラマ]

更新が滞ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
やや疲れた日々を送っておりました(;´Д`A ```

でも、一昨日、3月21日(金・祝)にお出かけしまして、春物のお洋服を買ったりしてリフレッシュしまして、頭はすっきり身体は軽くなりまして、楽になりました(*^-^*)[るんるん]
もう春ですね[晴れ]


1月に書き始めましたまま、投稿していませんでした記事がありましたので、もう2ヶ月以上経過していますが、加筆・修正しまして、投稿しておきます[ペン] 

――――――――――――――――――――


1月13日(月・祝)、映画[映画]『トリック劇場版 ラストステージ』
(2014年1月11日公開・堤幸彦監督)を映画館で観てきました[わーい(嬉しい顔)]


先に公式HPをざっと見まして、イントロダクションの、

トリックシリーズ14年間の集大成!
まさかの《泣けるトリック》が完成!!
ホントに今度は最後です!!!

を読んでから映画を観ましたが、本当に終わっちゃいましたね[もうやだ~(悲しい顔)]

泣くことはありませんでしたが、鑑賞後、「終わりなんやなぁ~。」と何だか寂しい気分になりました(ノ_-。)


でも、映画は面白かったのですよ[グッド(上向き矢印)]
これまでの映画4作のうちで、一番面白くて、満足感の得られた作品かもしれませんo(*^▽^*)o~♪
とにかく終わり方が、「解決して二人で帰る」といういつものパターンではありませんでしたから・・・。
いつものパターンではありませんでしたから、新鮮でしたけれど、寂しいという・・・[たらーっ(汗)]




もう公開から2ヶ月以上経過していますので、結末書いちゃいますけれど・・・・・・、

だって、主人公が死んでしまうんですものΣ(T▽T;)
(私の解釈では・・・。)

 



2年前に、『自虐の詩』(2007年)を観ましたときは(2012年3月1日のブログ:堤幸彦監督映画『自虐の詩』(2007年)、素敵ですね(^^) 2012年3月2日のブログ:失ったかわりに得られたものに感謝できればなぁ・・・)、Mr.オクレさんが出られていたのに驚きましたが、今回の『トリック劇場版 ラストステージ』では、村上ショージさんがご出演されていて、ギャグも披露されていらっしゃって、「関西ローカル(?)の芸人さんをキャスティングされるなんて、堤幸彦監督ユニークやなぁ~。」と思いました(^^)

 

私は、TRICKシリーズに関しましては、2000年の第1シリーズか、2002年の第2シリーズがテレビで放送されていましたときは、テレビ雑誌でたまたま見かけまして、「深夜時間帯に何だか不気味なドラマをやっているんやなぁ~。」と思いましただけで、興味を持ちませんでしたが、映画[映画]『トリック劇場版』(2002年)とテレビドラマ「TRICK 新作スペシャル」(2005年11月放送)をテレビで観まして、どちらを先に観たかは忘れましたが、特に、2005年11月に観ました「TRICK 新作スペシャル」がとても面白くて、好きになりました[黒ハート]

それで、翌年、公開されました映画[映画]『トリック劇場版2』(2006年)は映画館で観まして、連続ドラマのビデオはレンタルして観ましたし(でも、第1シリーズだけしか観なかったような気がします・・・(^^;)、さらに4年後の2010年、映画[映画]『劇場版TRICK霊能力者バトルロイヤル』(2010年)も映画館に観に行きました[グッド(上向き矢印)]



2012年に「踊る大捜査線」シリーズが終わりましたときは、爽快感がありましたが(2012年9月9日のブログ:映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』、おもしろかったぁ~o(*^▽^*)o~♪ )、今回のTRICKシリーズは、新鮮さを感じつつも、寂しさの残る終わり方でした・゚・(ノД`;)・゚・


でも、これまで楽しませてくださりまして、どうもありがとうございました<(_ _*)>

 



最後に、話は全く変わりますが、Jticket、2014年3月21日正午でサービスが終了しましたね[バッド(下向き矢印)]

今後、堂本剛さんのソロライブ等のチケット[チケット]の申し込みはどうなるのかな(?_?)
もし、ファンクラブ会員限定になりましたなら[ふらふら]、とりあえず今年は見送ろうと思います・・・たぶん(^^;;

 


nice!(21) 
共通テーマ:日記・雑感

映画『ラッシュ/プライドと友情』、スピード感溢れる展開が良かったです(*^▽^*) [映画・ドラマ]

遅くなりましたが・・・

新年 あけましておめでとうございます[晴れ]

今年は、昨年よりも忙しい年になりそうですが、それらをやり切りましたなら、今年の年末には、「今年は充実した年だった[わーい(嬉しい顔)]」と思えると思いますので、何とか頑張ろうと思います\(*⌒0⌒)b[グッド(上向き矢印)]



・・・・・・と、年が明けてしばらくして、やっと思えたのですけれどね(^^;

年が明けて1週間ほどは、これまでの人生で失ってきたものを思い出したり、取り返しのつかないことを思って、悲しい気分になることが多かったのです(>_< )ヾ(^^ )

体調も優れず、ブログも書けずにいました[ペン]
でも、アクセス数だけは見ていましたので、その間も、ここを覗いてくださっていらっしゃった方々、本当にありがとうございます<(_ _*)>
励ましてもらえているような気分にならせていただいております[黒ハート]






今日、映画[映画]『ラッシュ/プライドと友情』(2014年2月7日(金)公開)を、オンライン試写会(字幕版)で観ました。

堂本光一さんと堂本剛さんが、この映画の日本語吹替版の声優をされるということで興味を持ち、オンライン試写会に応募しまして、当選し、今日鑑賞したのですが、スピード感溢れる展開で、最後まで全く退屈することなく観られました(*^▽^*)

私のような、F1に興味のない人でも楽しめる作品だと思います。
最近めっきり洋画を観なくなっていたのですが、「海外映画もやっぱりいいなぁ~。」と思わせてくれました[るんるん]



堂本剛さんの日本語吹替版も観たいのですが、公開時期は時間の都合で映画館に観に行けないかも知れませんので、今回、オンライン試写会というかたちで、字幕版でも観られてよかったです[わーい(嬉しい顔)]


ご興味がおありの方は、オンライン試写会あと1回ありますので、こちらから応募してみて下さい。

  →  http://aoyama-theater.jp/feature/cp_rushonline

1月13日(月・祝)申し込み締切です。

 


映画公開を記念して、ブランケット付きのプレミアム・グッズとして発売されますKinKi Kidsの新曲「Glorious Days~ただ道を探してる」も楽しみ~(゚∇^*)

2007年の ENDLICHERI☆ENDLICHERIのロングランのライブで、サンカクくんのブランケットを購入しませんでしたことを後悔していましたので、今回のブランケット発売、嬉しいです[ハートたち(複数ハート)]

 


nice!(17) 
共通テーマ:日記・雑感

映画『清須会議』、俳優さん・女優さん達が面白い~o(*^▽^*)o~♪ [映画・ドラマ]

昨日(11月23日(土・祝))、映画[映画]『清須会議』(原作と脚本と監督:三谷幸喜)を映画館で観てきました[わーい(嬉しい顔)]


三谷幸喜さんの映画は、『THE 有頂天ホテル』(2006年)(←公開前に映画館で予告編を観て、「公開されたら絶対観たい!!」と思いました。)以降は、『ザ・マジックアワー』(2008年)、『ステキな金縛り』(2011年)とすべて映画館で観まして、いずれも楽しめましたし、さらに、CS放送を録画して、DVD保存しています[手(チョキ)]


でも、今回は、歴史モノ(?)ということで(・・・私、歴史モノは、全くといっていいほど観たことがないのです[たらーっ(汗)])、「観ようかな・・・どうしようかな・・・」と迷っていたのですが、11月3日の「新堂本兄弟」で、ゲストに三谷幸喜さんと大泉洋さんが御出演されていらっしゃってとても面白かったので、「やっぱり観たい!!」と思い、観ることにしました[グッド(上向き矢印)]




俳優の方々、女優の方々がとても面白かったです[るんるん]

皆様素晴らしかったのですが、あえてお名前を挙げるなら、大泉洋さんは、そのお姿からしても言うまでもなく、他では、特に、佐藤浩市さん、妻夫木聡さん、中谷美紀さんが面白くて、観ていて楽しかったですo(*^▽^*)o~♪



佐藤浩市さんは、映画[映画]『ザ・マジックアワー』のときも驚かされましたが、他の作品では見られないような、コミカルな役どころを見事に演じられていました[ぴかぴか(新しい)]
私は、もともと好きな俳優さんの一人ですので、三谷幸喜さんの映画ではいつもとは違ったお姿を観られて嬉しいです(*´∇`*)


妻夫木聡さんは、とにかく映画をご覧になられるとお分かりいただけるかと・・・とにかく面白いですヾ(@~▽~@)ノ


中谷美紀さん[ぴかぴか(新しい)]
正統派の女優さんだと私は思うのですが、はじけた役を、本当に滑稽に演じられていて、とても好感が持てました(゚∇^*) 


中谷美紀さんが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞された映画『嫌われ松子の一生』(2006年)、公開時から観たいと思いつつ、観られず、賞を受賞されて一層観たいと思いつつ、DVDレコーダーのハードディスクに録画したままになっているのですが、観るのがより一層楽しみになりました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
(・・・でも、2時間超のまとまった時間、なかなかとれないのですよね・・・週末プロ野球のシーズン中は、阪神戦デーゲーム[野球]観たいし(^^;;)



そして、大泉洋さん。
私は、2007年1月~3月に放送されました連続ドラマ『ハケンの品格』を観て(←そのとき初めて存在を知ったのかも??)、「素敵な俳優さんやなぁ~」と思いました[ぴかぴか(新しい)]

先日の「新堂本兄弟」で、三谷幸喜さんが、「バラエティー番組では盛り上げてくれるし、北のバラエティータレントというイメージがあるかもしれませんが、俳優さんとして、とても立派な方です。」という風なことをおっしゃっていました[ひらめき]
私も、今回の映画でも、滑稽で面白く、役になりきられて、演じきられていらっしゃって、ご立派な俳優さんだと思いましたd(*⌒▽⌒*)b

 


この映画、確かに歴史モノですから、少しは、歴史上の人物についての予備知識がないと訳がわからないかもしれませんが、私は、「清須会議」が行われたという歴史的事実さえ、この映画の公開予定を知るまで知りませんでしたし、歴史モノの、ドラマや映画は全くといっていいほど観たことがなかったのですが、この映画は、さすが、三谷監督[exclamation×2]
とても楽しい時間を過ごすことが出来ましたヽ(^◇^*)/ [るんるん]




・・・さきほどから、私は、歴史モノを全くといっていいほど観たことがないと言ってきましたが、実は、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)を持っているのですけれどね・・・( ̄∇ ̄*)ゞ
大学入試も、日本史で受験しました[ペン]
でも、今はもうあまり知識は頭に残っていないのですよ・・・コケッ! ミ(ノ;_ _)ノ =3


nice!(13) 
共通テーマ:日記・雑感

映画『真夏の方程式』、一味違う湯川先生が魅力的でした(゚∇^*) [映画・ドラマ]

昨日6月30日(日)、映画[映画]『真夏の方程式』(6月29日公開)を観てきました[わーい(嬉しい顔)]

ガリレオシリーズの劇場版第2弾になりますが、第1弾の映画[映画]『容疑者Xの献身』
(2008年)がとても面白かったので、第2弾が公開されると知り、今作も観たいと
思いまして、そのために、新しい人物関係を把握しておこうと、4月にスタートしました
連続ドラマ『ガリレオ』も観ようと録画していました。

・・・結局、第1話~第5話までと、第10話(最終話・前編)と第11話(最終話・後編)しか、
観る時間を取れなかったのですが[あせあせ(飛び散る汗)]




福山雅治さん演じる、主人公の天才(変人?)物理学者・湯川学先生は、ドラマでは、
子どもが苦手で、「非論理的でわけのわからないことを言う子どもを前にすると、
ジンマシンが出る」との設定で、それはそれで面白かったのですが、映画では、恭平君
という少年と、自ら交流されていらっしゃって、それもまた素敵でした[ぴかぴか(新しい)]


また、ドラマでは、「犯人の性格や動機には一切興味がない」とおっしゃっていた湯川先生で、
これもまたこれで面白かったのですが、映画では、物理学的現象を解明するというよりも、
事件の背景にある人間模様に関心を抱かれているように見受けられ、なんだか、湯川先生の
新たな一面を見させていただいたような気がします。


人の生き様に興味を示し、恭平君の将来も案じられる湯川先生、魅力的でした(゚∇^*)
恭平君も可愛かったな~[グッド(上向き矢印)]


湯川先生を演じられる福山雅治さんは、私は、好きでも嫌いでもない(どちらかといえば好き、
程度)俳優・アーティストの方ですが(←「かっこいい」とは思いますよ(^^;)、天才(変人?)
物理学者・湯川学先生としての福山雅治さん、「実に面白い」です(*゚▽゚*)


ついつい、湯川先生のグッズを購入してしまいました(*^-^)
      ↓  ↓  ↓
IMG_2412-2.jpg


映画を観終わった後、昨日は、頭の中で何度も映画のストーリーを振り返りました。
とても、満足感の得られる作品でした[るんるん]


まだ観られていない第6話~第9話のドラマも、また時間を作って観ようと思います[グッド(上向き矢印)]

今回の映画[映画]『真夏の方程式』を観まして、ガリレオシリーズ、一層好きになりました[黒ハート]


nice!(13) 
共通テーマ:映画

スペシャルドラマ『天国で君に逢えたら』、二宮君の穏やかな演技が素敵(^-^*) [映画・ドラマ]

2009年9月に放送されました、嵐の二宮和也君主演のJNN50周年記念スペシャルドラマ
『天国で君に逢えたら』のDVDをレンタルしてきまして、3日間連続、3回観ました[わーい(嬉しい顔)]



二宮君演じる精神科医・野々上純一は、都内の大きな大学病院に勤務しているのですが、
一人の患者さんにかけられる時間が短く、ゆっくり話を聞いてあげられない大学病院の
システムに馴染めず、結局クビになってしまいます。

そこに、「南房総がん治療センター」というところから、「野々上先生は、ゆっくり患者さんと
向き合ってくれる先生」ということで、スカウトに来られます。


そして、野々上先生は、海辺のその病院の、離れの木造の小屋を「カウンセリングルーム」
として、がん患者さん達が、なかなか人には話せない話を聞いてもらいに来られるのを待つ
ことになります。



ときに真剣な眼差しで、ときに優しい眼差しで、患者さんや、そのご家族の話をゆっくり聞いて
あげる、野々上先生を演じる二宮君は、穏やかで、優しく、素敵でした(^-^*)
そういう役を演じられる二宮君、大好きです[黒ハート]


また、野々上先生は既婚で、双子の女の子の父親でもあり、父親役を演じる二宮君も
新鮮でした[ぴかぴか(新しい)]
子ども達とじゃれあったり、追いかけっこをしている二宮君は、無邪気で可愛かったです[グッド(上向き矢印)]





このドラマ、2009年にテレビで放送されましたときに、二宮君が主演ということで興味を
持ちまして録画したのですが、なかなか観ませんでして、そのうち、DVDレコーダーの
ハードディスク残量が足りなくなってきましたときに、思い切って消去してしまったのです
よね・・・[バッド(下向き矢印)]

でも、その翌年、2010年10月~12月に連続ドラマ『フリーター、家を買う。』を観まして、
二宮君の演技をいっそう好きになりまして、消去しましたことを、めちゃくちゃ後悔していま
した(ノ_-;)


スペシャルドラマのDVDをレンタルできるということに気付きませんでして、「内容を知ら
ないまま購入するのは、(お金が)もったいないしなぁ・・・。」と、ただただ後悔していました[たらーっ(汗)]
(大学生の頃、「踊る大捜査線」シリーズのスペシャルドラマを、レンタルして観ていました
 のにね・・・(^^;)




ところで、先日、映画館で、映画[映画]『プラチナデータ』を観てきまして、二宮君の演技は魅力的
でしたが、「映画自体は、期待はずれやったなぁ・・・。」と思いました。(3月18日のブログ参照)


実は、2011年の映画[映画]『GANTZ』のときも、「二宮君には興味あるけれど、ストーリーに
興味持てないし・・・。」と思いまして、映画館に観に行かなかったのです。

それが、昨年、CSで放送されましたので、録画してあるのですが、それを、今、観まして、
「もしまた、『ハズレ』だと嫌だなぁ~[バッド(下向き矢印)]確実にすっきりした気分になりたいなぁ~[グッド(上向き矢印)]」と思い
まして、『GANTZ』は観ないで、同じく録画していまして、「ハズレ」がないと思っておりました、
ジャッキー・チェンさんの映画を観ることにしました。


ジャッキー・チェンさんの映画、大学生のときに、映画[映画]『ラッシュアワー2』(2001年)を友人
に誘われて映画館で観まして、とても面白くて、その後、いくつもビデオをレンタルして、鑑賞
しました[目]

おそらくここ5年ほどは観ていませんでしたが、私のなかでは、ジャッキー・チェンさんの映画は、
カンフーで人を倒していくけれど、あまり血は流れなくて、面白くて、鑑賞しますと気分がすっきり
する映画だったのです(^^)



・・・が、今回鑑賞しましたのは、『香港国際警察/NEW POLICE STORY』(日本公開2005年)



不気味な覆面をした強盗集団、彼らによる残酷な殺人シーンが続き、とても、面白いといえる
ものではありませんでした[がく~(落胆した顔)]
気分がすっきりするどころか、とても疲れました[バッド(下向き矢印)]

「ジャッキー・チェン、卒業しようかな・・・。」とも思いました。




そして、その後、このスペシャルドラマ『天国で君に逢えたら』のDVDをレンタルできることに
気付きまして、観たのです[ひらめき]


余命少ないがん患者さんが多く出てこられますので、決して明るいテーマではないのですが、
脚本が、何度も観ました堂本剛さん主演の2005年のスペシャルドラマ『ラスト・プレゼント』と
同じ、岡田惠和さんということで、私の感性に響いてきますのか、とても心穏やかに観ていられ
まして、そのうえ、二宮君の好演が光り、すごく満足感の得られる作品でした[るんるん]
登場人物みんな、よかったです[ぴかぴか(新しい)]


  飯塚シュージ(末期がん患者):「俺の気持ちが分かんのか?」
  野々上純一先生              :「分かるなんて口が裂けても言えません。」
  飯塚シュージ(末期がん患者):「だろ?」
 
                                        (42分08秒)



二宮君のスペシャルドラマ、まだ観ていませんのがいくつもありますので、また時間のあるときに、
DVDをレンタルしてきまして、観ようと思います(*^-^*)♪


nice!(15) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 映画・ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。