So-net無料ブログ作成

久々の更新・・・2013年10月色々(^-^*)/ [My Life]

前回の更新から早くも1ヶ月以上経過してしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
その間も、ここを覗いてくださっていた方々、本当にありがとうございますm(_ _)m


前回のブログを書きましてからしばらくは、堂本剛さんのニューシングル『瞬き』を聴きながら、調子よく過ごしておりました[わーい(嬉しい顔)]

今回のシングル『瞬き』の各バージョンに収録されている楽曲は、「♪瞬き」を筆頭にどれもこれも素晴らしく、私にとりましては、昨年発売されましたアルバム『shamanippon-ラカチノトヒ-』の収録曲よりも満足感の得られるものでした[るんるん]


9月末、今年も「小喜利の私」開催との発表が・・・
それが、申し込み出来るのは、ファンクラブ会員限定というのはショックでした[もうやだ~(悲しい顔)]


実は、私、KinKi Kidsファンクラブには入会していないのです。

それでも、堂本剛さんのソロライブ等、ソロイベントに参加させていただくには、これまで何も支障がありませんでした。
2012年9月13日のブログ:「『踊る大捜査線』シリーズもKinKi Kidsもデビューから15年!!」にも書きましたが、KinKi Kidsのコンサートへの参加を希望していませんので、入会する必要もないな、と思っていたのです。

それが、今回は何と、剛さんのソロイベントだというのに、ファンクラブ会員限定[失恋]


もちろん、ファンクラブに入会されていらっしゃる方々からすれば、これまで優先されていなかったことのほうがご不満でしょうし、もし、私も入会していれば、「ファンクラブ会員優先させてほしいな・・・。」と思っていたことと思います。


でも、少なくともENDLICHERI☆ENDLICHERI以降の剛さんのソロ活動は、「ジャニーズのアイドル  KinKi Kids 堂本剛」からは距離をとっていらっしゃったのではないですか??


Jticketのサイトを見ていると、「Jticketは終焉に向かっているのかな??」という気配も感じますし、「堂本剛 2013 平安神宮ライブ」も特設サイトでの申し込みでしたし(「平安神宮ライブ」の申し込みのときも、「FUNK - LOVE mail」を見ましたとき、「今回はひょっとして、ファンクラブ会員限定??」と、ドキッとしました。)、今後は、剛さんのソロライブもファンクラブ会員限定になるのかなぁ[exclamation&question]


そうなったら、私、どうしようかな・・・(・_・?)


今回は、「小喜利の私」でしたし、これは昨年参加させていただけまして、どのようなものか、自分の目で観て来られていますので、まだよかったです('-'*)


そんなこんなで、衝撃を受けて始まりました10月でしたが、今年は、昨年のような、「今年もあと3ヶ月・・・終わっていく感じが寂しい」「日が暮れるのが時間が早くなっていくのが寂しい」という気分にはなりませんでした。
でも、体調は優れませんでした[バッド(下向き矢印)]


そして、以前志した世界の、今年、昨年と参加しました年明けのイベントに、来年の年明けは参加する意思はないということを、伝えるべき人にきちんと伝えないといけないな・・・でも、今の時期になっても準備に取り掛かっていないのを見ていると、気付いているやろうな・・・とか思っておりましたところ、先日、相手のほうから、「あっちのほうはもうやらんの?」という風に訊かれまして、「しない。」と答えました。

昨年の段階では、2012年5月22日のブログに、

「『辞めよう』と思えば、自分の判断でいつでも辞められることですが、『辞める』という
決断をすることの方が、今の私には難しいことです。
・・・ですから、きりのいいところまで、続けるほかないのです。」

と書いていますように、私自身「辞める」という決断は出来ませんでして、更に、辞めることへの周囲の反対もありましたが、今年は、反対もされませんでした。
・・・次が見えてきたからだと思います。


今年の年末年始は、3年ぶりに、プレッシャーから開放された年末年始となりそうです[グッド(上向き矢印)]




そういえば、10月の初めに、映画[映画]『そして父になる』を映画館で観てきました。
カンヌ国際映画祭審査員賞受賞しているということと、主演が『ガリレオ』の福山雅治さんということで観に行ったのですが、「どうなるの・・・どうなるの・・・」と展開をワクワクしながら観ていられました[わーい(嬉しい顔)]

「どういう結末になるのかな??」とも思いながら観ていましたが、最後まで観て、映画のタイトルの意味がわかるような映画でした。



そして、「堂本剛さんも、このような深みのある作品に出演していただきたいなぁ・・・。」と思いました[揺れるハート]


連続ドラマ『天魔さんがゆく』は、気楽に観られて娯楽としては楽しめましたし(・・・まだ、最終回だけ観られていないのですが)、剛さんは、かっこよくもあり、面白くもありましたし、関西弁でしたのがとても好きでしたが[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]、作品としましては、「命」を扱っているというほど、重みは感じられませんでした[バッド(下向き矢印)]


ドラマが始まる前に、雑誌で剛さんは、「単なるコメディーなら引き受けなかった」「監督が『命』について真剣に考えているのが分かったから引き受けた」という風なことをおっしゃっていました。

それは嬉しかったのですが、私は、剛さんが期待されていらっしゃったであろうほどの「命」についての真剣さは、作品を通じて感じられず、映画『そして父になる』を観まして、「全然深みが違うなぁ~」と思いました。

剛さんは、イベントでは、続編や映画化への意気込みを語られたそうですが、ラジオ「堂本 剛とFashion & Music Book」では、ドラマの最終回について、「しょうもない」とおっしゃっていました。



後者が本音だとしたら嬉しいです・・・演技力もある剛さんだからこそ、もっと深みのある社会派の作品にも出演していただきたいと、私は思います(*´∇`*)


福山雅治さんと堂本剛さんはお二人とも、音楽活動も俳優活動もされるアーティスト[ぴかぴか(新しい)]
お二人は10歳違い・・・
10年後には、堂本剛さんもこのような作品に出演される役者さんでもあってほしいなぁ・・・との願いを書いて、今回のブログを締めくくりたいと思います[end]



いつも読んで下さっている方々、本当にありがとうございます。
頻繁に更新は出来ないかもしれませんが、「書きたいときに書ける場所」として、ブログを続けていきたいと思っております。
これからもよろしくお願い申し上げます<(_ _*)>


nice!(13) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。