So-net無料ブログ作成

映画『清須会議』、俳優さん・女優さん達が面白い~o(*^▽^*)o~♪ [映画・ドラマ]

昨日(11月23日(土・祝))、映画[映画]『清須会議』(原作と脚本と監督:三谷幸喜)を映画館で観てきました[わーい(嬉しい顔)]


三谷幸喜さんの映画は、『THE 有頂天ホテル』(2006年)(←公開前に映画館で予告編を観て、「公開されたら絶対観たい!!」と思いました。)以降は、『ザ・マジックアワー』(2008年)、『ステキな金縛り』(2011年)とすべて映画館で観まして、いずれも楽しめましたし、さらに、CS放送を録画して、DVD保存しています[手(チョキ)]


でも、今回は、歴史モノ(?)ということで(・・・私、歴史モノは、全くといっていいほど観たことがないのです[たらーっ(汗)])、「観ようかな・・・どうしようかな・・・」と迷っていたのですが、11月3日の「新堂本兄弟」で、ゲストに三谷幸喜さんと大泉洋さんが御出演されていらっしゃってとても面白かったので、「やっぱり観たい!!」と思い、観ることにしました[グッド(上向き矢印)]




俳優の方々、女優の方々がとても面白かったです[るんるん]

皆様素晴らしかったのですが、あえてお名前を挙げるなら、大泉洋さんは、そのお姿からしても言うまでもなく、他では、特に、佐藤浩市さん、妻夫木聡さん、中谷美紀さんが面白くて、観ていて楽しかったですo(*^▽^*)o~♪



佐藤浩市さんは、映画[映画]『ザ・マジックアワー』のときも驚かされましたが、他の作品では見られないような、コミカルな役どころを見事に演じられていました[ぴかぴか(新しい)]
私は、もともと好きな俳優さんの一人ですので、三谷幸喜さんの映画ではいつもとは違ったお姿を観られて嬉しいです(*´∇`*)


妻夫木聡さんは、とにかく映画をご覧になられるとお分かりいただけるかと・・・とにかく面白いですヾ(@~▽~@)ノ


中谷美紀さん[ぴかぴか(新しい)]
正統派の女優さんだと私は思うのですが、はじけた役を、本当に滑稽に演じられていて、とても好感が持てました(゚∇^*) 


中谷美紀さんが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞された映画『嫌われ松子の一生』(2006年)、公開時から観たいと思いつつ、観られず、賞を受賞されて一層観たいと思いつつ、DVDレコーダーのハードディスクに録画したままになっているのですが、観るのがより一層楽しみになりました[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
(・・・でも、2時間超のまとまった時間、なかなかとれないのですよね・・・週末プロ野球のシーズン中は、阪神戦デーゲーム[野球]観たいし(^^;;)



そして、大泉洋さん。
私は、2007年1月~3月に放送されました連続ドラマ『ハケンの品格』を観て(←そのとき初めて存在を知ったのかも??)、「素敵な俳優さんやなぁ~」と思いました[ぴかぴか(新しい)]

先日の「新堂本兄弟」で、三谷幸喜さんが、「バラエティー番組では盛り上げてくれるし、北のバラエティータレントというイメージがあるかもしれませんが、俳優さんとして、とても立派な方です。」という風なことをおっしゃっていました[ひらめき]
私も、今回の映画でも、滑稽で面白く、役になりきられて、演じきられていらっしゃって、ご立派な俳優さんだと思いましたd(*⌒▽⌒*)b

 


この映画、確かに歴史モノですから、少しは、歴史上の人物についての予備知識がないと訳がわからないかもしれませんが、私は、「清須会議」が行われたという歴史的事実さえ、この映画の公開予定を知るまで知りませんでしたし、歴史モノの、ドラマや映画は全くといっていいほど観たことがなかったのですが、この映画は、さすが、三谷監督[exclamation×2]
とても楽しい時間を過ごすことが出来ましたヽ(^◇^*)/ [るんるん]




・・・さきほどから、私は、歴史モノを全くといっていいほど観たことがないと言ってきましたが、実は、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)を持っているのですけれどね・・・( ̄∇ ̄*)ゞ
大学入試も、日本史で受験しました[ペン]
でも、今はもうあまり知識は頭に残っていないのですよ・・・コケッ! ミ(ノ;_ _)ノ =3


nice!(13) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。