So-net無料ブログ作成

『プラトニック』第5話感想・・・というよりも、脚本家・野島氏に一言 [My Life]

NHK-BSプレミアムドラマ『プラトニック』(脚本:野島伸司氏)第5話(6/22(日)放送)、堂本剛さんの演技が圧巻でしたね[ぴかぴか(新しい)]

今週も、先週同様、翌日23日(月曜日)に観ることができました[わーい(嬉しい顔)]


でも、第5話を観ていて、「えぇっ!!」と思い、その後も、悪い意味で頭から離れないセリフがありました。
ブログに書くかどうか迷いましたし、書きました後も、いつ公開すべきかも迷いましたが
(「全8話が終わってもからでもいいかな・・・」とか、「せめて第6話を観てからでも・・・」とか。
あるいは、「書く」ことで少しはすっきりしまして、「ドラマだし、もういいかな・・・。」とも思いました。)、
日常生活にも影響を与えてきましたぐらい嫌悪感を覚えていますし、また前記事にも関連しますことですので、今日公開します[ペン]




それはこのセリフです[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

最後のほうのシーン、沙良と青年の会話のなかでの沙良のセリフ
  「声が聞こえたの・・・あなたの。きっと・・・心の声が。」



「声が聞こえた」と安易に用いているところに、初めて聞きましたときから、嫌悪感を覚えました。


そう申しますのも、
「脳内神経伝達物質の分泌過剰により、幻の声が聞こえる(聞こえた)人の苦悩も知らずに、恋におちる二人を結びつける綺麗なセリフとして、『声が聞こえた』などと安直に用いるな!!」
と思いましたからです。


私の場合、幸いにも薬により、「声が聞こえる」という症状は抑えられていますが(←薬により症状が抑えられているだけで、薬を止めると、約80%の確率で再発するらしいです[爆弾])、薬が効かずにその症状に苦しめられている方々もいらっしゃるようですし、たとえ、そういった陽性症状が抑えられても、声が聞こえたことのある人というのは、たいてい、その後、人生設計の変更を余儀なくされ、そのほかの陰性症状により、長い間生きづらさを抱えて生きていくことになります。



その苦しみも知らずに・・・、いや、知らないからこそ、そのセリフを「綺麗に」用いられたのでしょうが、「死をテーマに」脚本を書かれていらっしゃる野島伸司氏が、死と隣り合わせの、自殺率約10%の病に対して無頓着なところに、幻滅しました。


それとも、「声が聞こえる」人の苦しみを知っていながら、挑発的に用いられたのでしょうか??
そうだとしたら、なおさら、怒りを覚えます。






堂本剛さんのファンとしましては、そのセリフが、「剛さんから発せられたものでなくて良かった・・・。」と思います。


そして、剛さんが、以前ラジオ「堂本 剛とFashion & Music Book」で、レコード会社の人から、「剛の歌詞は、優しすぎやないか?」と言われたと、おっしゃっていたことを思い出しました。


「♪瞬き」については、「優しさをそぎ落とした曲」であるということ、
瞬きをしても何も変わらない、目の見えない人に対して、配慮の欠けるものであることを気にされ、今後、「誰に対しても優しい曲ではなく、スピード感のある曲が増えていくかも知れないけれども、決して、優しさを忘れたわけではないということを、分かってほしい」旨のことをおっしゃっていました。




野島氏が、あのセリフを書かれたとき、「その場にいない人の声が実際に聞こえる(脳がそのように認識する)人」のことを意識されたかどうか、そういう人にどのように伝わるかを考慮されたか否か、甚だ疑問です。


あの場面は、二人が精神的に結びつく崇高な感動的な場面なのかも知れませんが、私にとりましては、「声が聞こえるという事態は、そんな生易しいものではない!ふざけるな!!」と、憤りさえ感じる場面となりました。
(堂本剛さんの涙の演技は素晴らしかったと思いますが・・・。)




野島伸司さん、あなたは一体どういうおつもりで、あのセリフを用いられたのでしょうか?

その場にいない人の声が聞こえるということが、当事者にとってどれほど深刻なことか、お考え及びましたでしょうか??


nice!(17) 
共通テーマ:日記・雑感

『プラトニック』第4話感想・・・その他諸々2014年6月(*^^*) [My Life]

NHK-BSプレミアムで毎週日曜日22:00~放送中の、中山美穂さん、堂本剛さんご出演の連続ドラマ『プラトニック』、いつも録画で、週の後半以降にしか観られていなかったのですが、今週第4話(6/15(日)放送)は、翌日16日(月曜日)に観ることが出来ました[わーい(嬉しい顔)]

観ながら、何度も巻き戻しながら観ていますので、50分間のドラマを観るのに、1時間半ぐらいかかるのですけれどね[TV]



第4話を観終わって直感的に思いましたこと

「沙良は、娘のために女を捨てたのではなくて、娘のために女を利用しているのでは・・・」



そして、振り返ってみますと、第1話の最後で、青年(堂本剛さん)のほうから、「父親から娘への臓器移植は認められる」ということで、「結婚しましょう」と切り出しましたが、そう言われることさえも、沙良(中山美穂さん)は見越していたのでは・・・とまで、思ってしまいました。



第4話の最後のほうのシーン、足の裏を怪我した青年が、沙良に手当てをしてもらいながら始まる二人の会話は、段々と話が深まり、その二人の演技は、見応えありましたね[グッド(上向き矢印)]




第3話では、優しく微笑む青年の表情が観られたり、あるいは、「その女は俺の女だ!!」とドスをきかせるかっこいい姿が観られたりと、堂本剛さんのファンとしましては、「いいなぁ~[揺れるハート]」と嬉しかったものですが
(・・・第4話の、エレベーターに挟まりかけるシーンや、「ぶつけちゃいました。」と沙良に言うところも可愛くて面白かったです(^^))、
第4話では、病室の窓から、病院の駐車場で沙良が元夫に抱きしめられる姿を目にしたときの表情や、最後のほうのシーンで、沙良の過去を知っていくにつれ、衝撃を受ける表情、茫然と・・・でもなく、失望・・・でもなく、何ともいえない青年の、堂本剛さんの表情が観られ、「やっぱり剛さん、演技力もっていらっしゃるなぁ~[ぴかぴか(新しい)]」と、改めて思いました(*^^*)


次回以降も楽しみです[るんるん]




********************

2ヶ月以上、更新できずにいました[あせあせ(飛び散る汗)]
その間も、ここを覗いてくださっていらっしゃった方々、本当にありがとうございます<(_ _*)>

アクセス数はチェックしていましたので、「全然更新できていないのに、このブログを見捨てずに、昨日も〇人の方々が、トップページ開いてくださったんやなぁ~。」と嬉しく思い、感謝しておりました[黒ハート]




発症から5年を迎えました先月、2014年5月は、何か書き残しておきたかったのですが、何も書けませんでした。

4月から5月にかけまして薬の調整がうまくいかず、「5年間生きてきて、すみませんでした。」と口にしましたが、それぐらいでしたね・・・ただただしんどくて、前向きな言葉は、残せそうにありませんでした。




6月になり、体調も落ち着いてきまして、

のんびり生きたい
出来る範囲のことをして生きていきたい

と思うようになりました。


今年の1月から3月は、今から思えば、現時点の自分の処理能力を超えることをしていました(;´Д`A ```
そのツケが、4月から5月に回ってきたのだと思います[爆弾]
振り返ると、色彩のない日々でした[ダッシュ(走り出すさま)]



発症後5年を初期と捉えるこの病、元の世界に戻るつもりでいました(戻れると思っていました)5年前は、「5年で初期って!?」とゾッとしましたし、「30年後の状況」みたいなデータを目にしましては、「30年も奪われるなんて、生き殺しやわ・・・。」と思いましたが、最近ネットで、「年齢を重ねるにつれ酷くなる多くの病気とは違い、この病気は、年齢を重ねるにつれ、症状が安定する。」と見ました。
40代~50代になると、(服薬は前提ですが)症状はほぼなくなる・・・とか。



発症当初から最近まで、「30代を輝かしいものとするべく、20代をひたすら地道に頑張ってきたのに、人生いよいよこれからというときに、こんなことになるなんて・・・。」と悲観的な気持ちになること度々でしたが、40代以降、体調が安定する見込みがあるなら、今よりも良くなると希望を持てるのなら
(・・・医師は、発症当初から、「必ず良くなります。」とおっしゃってくれていましたが、ここ数年、自分では、「先生の言っていた、『良くなる』とは、この程度のことでは・・・。」とあまり信じられずにいました。)、
そのつもりで、今、出来る範囲で、のんびりやっていきたいと思えます。
5年経ちまして、ようやく病気を受け入れられたのかも知れません。



完治することのない病気になってしまったという事実は変えられません。
5年間で、色んなことに、諦めがつきました。
・・・だから、「もう生きていても意味がない・・・。」とも思ったりもするのですけれどね。。。
「楽しくない人生だった・・・。」とか。。。
自殺率も結構高い病です・・・。




そして、現実は、「のんびり」ともいかないのですよね・・・(*´∇`*)


でも、とりあえず、もうしばらく生きてみますので、温かく見守っていただけると、大変有難く存じます(*^-^)v


nice!(15) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。