So-net無料ブログ作成

映画『真夏の方程式』、一味違う湯川先生が魅力的でした(゚∇^*) [映画・ドラマ]

昨日6月30日(日)、映画[映画]『真夏の方程式』(6月29日公開)を観てきました[わーい(嬉しい顔)]

ガリレオシリーズの劇場版第2弾になりますが、第1弾の映画[映画]『容疑者Xの献身』
(2008年)がとても面白かったので、第2弾が公開されると知り、今作も観たいと
思いまして、そのために、新しい人物関係を把握しておこうと、4月にスタートしました
連続ドラマ『ガリレオ』も観ようと録画していました。

・・・結局、第1話~第5話までと、第10話(最終話・前編)と第11話(最終話・後編)しか、
観る時間を取れなかったのですが[あせあせ(飛び散る汗)]




福山雅治さん演じる、主人公の天才(変人?)物理学者・湯川学先生は、ドラマでは、
子どもが苦手で、「非論理的でわけのわからないことを言う子どもを前にすると、
ジンマシンが出る」との設定で、それはそれで面白かったのですが、映画では、恭平君
という少年と、自ら交流されていらっしゃって、それもまた素敵でした[ぴかぴか(新しい)]


また、ドラマでは、「犯人の性格や動機には一切興味がない」とおっしゃっていた湯川先生で、
これもまたこれで面白かったのですが、映画では、物理学的現象を解明するというよりも、
事件の背景にある人間模様に関心を抱かれているように見受けられ、なんだか、湯川先生の
新たな一面を見させていただいたような気がします。


人の生き様に興味を示し、恭平君の将来も案じられる湯川先生、魅力的でした(゚∇^*)
恭平君も可愛かったな~[グッド(上向き矢印)]


湯川先生を演じられる福山雅治さんは、私は、好きでも嫌いでもない(どちらかといえば好き、
程度)俳優・アーティストの方ですが(←「かっこいい」とは思いますよ(^^;)、天才(変人?)
物理学者・湯川学先生としての福山雅治さん、「実に面白い」です(*゚▽゚*)


ついつい、湯川先生のグッズを購入してしまいました(*^-^)
      ↓  ↓  ↓
IMG_2412-2.jpg


映画を観終わった後、昨日は、頭の中で何度も映画のストーリーを振り返りました。
とても、満足感の得られる作品でした[るんるん]


まだ観られていない第6話~第9話のドラマも、また時間を作って観ようと思います[グッド(上向き矢印)]

今回の映画[映画]『真夏の方程式』を観まして、ガリレオシリーズ、一層好きになりました[黒ハート]


nice!(13) 
共通テーマ:映画

nice! 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます